閑念整骨院のブログ

ブログ

肩甲骨周囲痛みしびれ改善 症例報告

40肩 50肩 , 坐骨神経痛 , 症例報告
2018年12月8日

こんにちは。

神戸市東灘区御影で 腰痛専門整体の 閑念(かんねん)整骨院 院長の閑念です。

左半身の痛みしびれ患者様の症例報告です。

 

患者:50代  女性

 

主訴:左肩から肩甲骨(特に内側)の激痛と痺れ

左半身全体に広がるしびれ、左下肢への坐骨神経痛様症状

 

既往歴:大動脈弁狭窄症、心室憩室等 心疾患による手術を8か9歳頃に2回行う。

 

事故歴:走行中の車に乗車中、トラックと正面衝突。(軽症?)

 

症状 :1か月前から左肩から肩甲骨の内側にかけてずっと痛みがあり日によって強さが変わるがなくなることは無い。 夜間痛により2~3回目が覚める。睡眠不足による倦怠感、疲労がありつらい。 痛み逃避姿勢による側弯の為腰痛及び坐骨神経痛様症状(左臀部~下肢外側・後面を足底までの坐骨神経ルートへの疼痛及びしびれ)

 

通院頻度:5回目まで3日おき 6回目~10回目まで週1回 11~15回目まで週2回

 

治療 :2回目までバランスの崩れによる筋硬結、筋膜への施術後、DRTテクニックによる背骨調整を行いバランスの改善を行いました。3回目以降 DRTテクニックによる背骨調整を主に身体のバランス改善を行いました。

 

施術前後写真 初回と10回目の写真です。

頸に若干の歪みが残っていますが、全体的にバランスが良くなり、肩の痛み左半身のしびれは消失しました。

 

 

 

今後は、頸部の歪みを改善しより症状の出ない身体作りの為 月に1~2回のメンテナンス施術へと移行していきます。

 

♦神戸市東灘区御影で重症腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛
2018年10月4日

①坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは人体で一番太い神経である坐骨神経に生じる痛みやしびれ、麻痺などを総称して呼ばれる症状の事です。

上の図のお尻の骨の孔から出ている太い黄色の神経が坐骨神経です。

腰椎から仙骨の前面を通りお尻の骨にある孔から外へ出ます。そして股関節のすぐ後ろを通り、股関節を安定させる筋肉やお尻の筋肉である大殿筋等の間を通り足の後面を降りていきます。この神経が通るルートのどこかで神経に刺激が入り、お尻から太ももの後面、膝裏、ふくらはぎの外側後面、足底のどこか一部もしくは全体にしびれや痛み、麻痺がでます。 症状の強さは人により様々で、動かすたびにちょっと痛む程度のものからずっと痺れや麻痺がでて歩くのも困難な方もおられます。

②坐骨神経痛の原因

坐骨神経のルート上で起きる病気によって発生する事が多く、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、仙腸関節炎などが多くの原因となります。

椎間板ヘルニア(水色の椎間板の核が後ろにはみ出し神経を圧迫します。)

 

梨状筋症候群(股関節を外旋させるインナーマッスルが固くなり坐骨神経を圧迫したり癒着がおき症状を発症します。人によっては2枚目の図のように梨状筋の間を坐骨神経が貫通している事もあります。)

上記の図の場所などで坐骨神経の圧迫、癒着がおきて神経が腫れるために、しびれや痛み、麻痺などの坐骨神経痛の症状が発症します。

 

③坐骨神経痛の症状

坐骨神経の通っている領域(お尻から太ももの後面、ふくらはぎ、足部)にかけて、鋭い痛み、鈍い痛み、しびれ、灼熱感や締め付ける感じ、冷感等の様々な症状がありますが、下記のような症状が良く見られます。

・動き出すたびにお尻の奥に刺すような痛みがでる。

・身体を前傾、後傾させるとお尻から太ももにかけて鋭い痛みやしびれが出る。

・歩いているとお尻から太もも、ふくらはぎにかけていたみがでる。

・足に力が入りにくくなりしっかりと歩けない。

・足の痛みやしびれで目が覚めて眠れない

・足を触った時の感覚が鈍い

・寝返りをうつと痛みが出て目が覚める。

等の症状が足の一部から全体にかけてまで幅広く出ます。

④坐骨神経痛改善ストレッチ

坐骨神経痛の症状が出た時に下記ストレッチを行ってみてください。

坐骨神経痛の生じる原因となる筋肉を緩めたり、癒着を解消するためのストレッチです。

痛みや痺れ等の症状がきつくなるようでしたら緩めに行ってください。

無理にしすぎると症状を悪化させてしまいますのでほどほどに継続的に行ってください。

 

⑤坐骨神経痛 治療法

坐骨神経痛になる原因はヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、仙腸関節炎等ですが、これらの病気になる原因の大半は

身体のバランスの崩れ

なのです。

ですので、坐骨神経痛を改善するには原因となるこれらの病気にならないようにしなければなりません。すなわち身体のバランスを正常にもどしてやるということが一番の根本治療となります。

背骨の歪みを整え、日常生活の姿勢を気をつけることで、坐骨神経痛は改善し解消されていきます。

しっかりと体のバランスを整えることで痛みやしびれに悩まされない快適な日々を取り戻すことができますので、諦めないでください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

♦神戸市東灘区御影で重症腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

ぎっくり腰へのセルフケア

急性腰痛
2018年09月26日

こんにちは。

神戸市東灘区御影で腰痛専門院として行っています、閑念(かんねん)整骨院の院長 閑念です。

最近だいぶ涼しくなってきましたね。 今年の酷暑との差が激しすぎて身体がついていかないですね。

そのせいで、急性腰痛、いわゆるぎっくり腰の患者さまがふえてきました。

 

そこで本日は、急性腰痛になったときの対処法としてご自宅でできるセルフマッサージをお伝えします。

症状の強さは患者様それぞれですので一概には言えませんが、ご自身又は、ご家族の方の手を借りて行って頂くと翌日の腰の具合がずいぶん軽くなりますので行ってみてください。

 

https://youtu.be/dhA4u63ro9g

 

♦神戸市東灘区で腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。
次ページへ »« 前ページへ