腰痛の種類について

ぎっくり

一言で「腰痛」と言っても、その種類は様々です。
 
種類ごとにアプローチの仕方も変わってきます。
 
ここでは腰痛にはどのような種類があるのか説明いたします。
 

慢性の腰痛

一般的に「腰痛」と言われる時に指すのが、この慢性の腰痛です。
 
筋肉や筋膜の硬結が出来ると腰付近に生じさせます。
 
姿勢の悪さ、長時間の座位などが慢性腰痛につながります。
 
腰痛についてより詳しくはこちら
 

急性の腰痛

急性の腰痛は、ギックリ腰のことを指します。
 
ギックリ腰は、腰の筋肉に炎症が起きてしまうことで激痛になることが多いです。
 
ギックリ腰の場合、筋肉の炎症と筋肉に負荷をかけている原因の2つにアプローチしないと、ギックリ腰がクセになってしまうので、再発させないための施術選びが重要になってきます。
 
ギックリ腰についてより詳しくはこちら
 

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰から足先まで伸びる坐骨神経に刺激や圧迫が加わり、腰やお尻・足に生じる痛み・シビレのことです。
 
何が坐骨神経に刺激を加えているのかを正確に見極め、それを解消していくことが重要です。
 
かなり痛みが強くなることがありますが、整体施術によって解消することが多いです。
 
坐骨神経痛について、より詳しくはこちら
 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症はそれぞれ違う病気ですが、痛みシビレの出る理由は一緒です。
 
背骨を通る神経を圧迫しているのが、椎間板の髄核なのか、脊柱管なのかです。
 
椎間板から髄核が逸脱していれば、椎間板ヘルニアと診断され、脊柱管が狭窄していれば脊柱管狭窄症と診断されるでしょう。
 
しかし痛みシビレの原因が別にあることが非常に多いので、正確な原因特定がとても重要になってきます。
 
椎間板ヘルニアと診断された場合の当院の施術
脊柱管狭窄症と診断された場合の当院の施術
 

腰椎分離症

腰椎分離症は、背骨の腰部分である腰椎が分離してしまい、神経を刺激圧迫することで生じる痛みやシビレのことです。
 
激しいスポーツを行う人に起きやすく、まだ体の出来上がっていない学生さんによく生じます。
 
症状が改善し部活やスポーツに復帰するまで時間がかかってしまうので、焦ってしまう人も多いですが、より早い改善のために出来ることがありますし、クセにならないようにする処置があります。
 
腰椎分離症についてより詳しくはこちら
 

当院へのアクセス情報

住所〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町6丁目4-23 エスペランサ御影1F
予約予約優先制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話078-846-0655
営業時間9時00分-20時00分
休院日不定休