神戸かんねん整体院のブログ

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症
2018年12月14日

脊柱管狭窄症とは?

 

こんにちは。神戸市東灘区御影 腰痛専門院 閑念整骨院 院長のかんねんです。

最近TVなどでもよく聞く「脊柱管狭窄症」について解説したいと思います。

 

脊柱管狭窄症とは、背骨にある椎孔や椎間孔等が脊柱の歪みや黄色靭帯の肥厚、椎間板ヘルニア、腰椎分離症などの要因によって狭くなりその中を通っている馬尾神経や神経根を圧迫し、脳脊髄液や血液、リンパ液の循環不良により神経に腫れが生じ痛みやしびれ、筋力低下、知覚の鈍麻などの症状を引き起こします。

馬尾神経を圧迫する中心型狭窄症と神経根を圧迫する外側型狭窄症とに分けられます。

左の写真の赤線部分で狭窄が起きています。腰を反らすことでより狭くなり痛みやしびれ等が生じます。

右の写真は正常な状態で狭くなっている箇所はみられません。

脊柱管狭窄症の症状はどんなの?

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。数十メートルから数百メートル歩くとお尻や足に痛みやしびれ等が生じます。腰を丸めたり、数分休憩したりすると症状は治まりまた歩けるようになります。

①中心型狭窄症では 上記の間欠性波跛行がよく見られます

②外側型狭窄症では 片方の足への痛みやしびれ、筋力低下が良く見られます。

症状

・立っている姿勢や歩行時のお尻や足の痛み

・お尻から足にかけての筋力低下

・排尿障害

最初は片方の足に症状があらわれ、両足へと広がり、重症度が増すにつれて筋力低下、歩行困難、排尿障害を引き起こすこともあります。

 

 

脊柱管狭窄症になる原因は?

多くは加齢によっておこります。

椎間板の劣化、背骨をつないでいる靭帯が分厚くなる(肥厚)、背骨の変形など老化現象が原因となることが多いです。

またそれ以外にも、腰への負担の大きい姿勢や動作を繰り返していたり、交通事故やスポーツでのケガなどによって腰に強い外力が加わり骨折などで背骨の位置がずれるために起こるもの。骨粗鬆症による圧迫骨折によっても脊柱管狭窄症を発症する事あります。

 

どこで検査や診断をしてもらえばよいのか?

脊柱管狭窄症の診断は、レントゲンやMRI、脊髄造影などでの画像をもとに医師が診断します。

どこの骨がどのくらい狭くなっているのか、骨の変形や、神経の圧迫度合いなども画像から確認できるので、整形外科を受診してください。

 

治療はどうすればよいの?

治療方法は

・保存療法

・手術療法

があります。

・保存療法は、鎮痛剤等を用いた薬物療法、コルセット等の装具による固定、神経ブロック注射、運動療法等となります。

当院で行う施術も保存療法の一環です。背骨、骨盤の歪みを整え腰への負担がかからない姿勢へと矯正していきます。

それにより、症状が再発しにくい身体へと変えていきますので、症状を繰り返すことはありません。

 

・手術療法は保存療法でも改善しない場合や、排尿障害などの神経症状がきつい場合に行われることがあります。

代表的なものは、背中から骨を削り肥厚した靭帯や狭窄の原因となるものを摘出する手術です。

それ以外に背骨を固定する固定術などが行われます。

個人的には酷い排尿障害や歩行困難、日常生活へ著しく支障が生じる状態でないかぎり、保存療法での改善をおすすめします。

 

♦神戸市東灘区御影で重症腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

 

 

 

坐骨神経痛 改善症例報告

坐骨神経痛 , 症例報告 , 自律神経症状
2018年12月9日

こんにちは。

神戸市東灘区御影で 腰痛専門整体の 閑念(かんねん)整骨院 院長の閑念です。

 

主訴:①左足が歩いているとつって痛い。

②右肩がを上げると激痛が走り上げれない。

 

既往歴:10代後半にヒールを履いて転倒し左足首捻挫。いまだに痛みが出ることがある。

 

事故歴:小学5年生の時にダンプにはねられ左腰を強打

 

症状 :①10分程歩くと左臀部から大腿後面、下腿後外側(坐骨神経ルート)の筋肉がつり激痛が走る。買い物に行くにも数回休憩しないといけない。

②荷物をもったり、趣味の裁縫をした時に激痛が走り動かせない。

通院頻度:週2回×2週 週1回×5回 以降月1~2回メンテナンス

治療 :①右臀部~右下肢にかけての筋硬結に対する筋膜リリース後 DRT療法での背骨調整を行う。約10回で症状消失

②上腕2頭筋腱炎テスト陽性 (腱部分断裂の疑いあり) 肩甲骨帯の関連筋への筋膜リリースにて可動域改善、疼痛軽減

 

来院当初は姿勢も非常にわるかったのですが、背骨調整と日常の姿勢指導により、2か月後にはかなり姿勢改善されました。

正しくない姿勢は腰、頸肩への負担も大きく症状が悪化する旨をお伝えし月に1~2回メンテナンス施術を継続していただきます。

 

♦神戸市東灘区御影で重症腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

 

肩関節周囲炎改善 症例報告

40肩 50肩 , 症例報告
2018年12月9日

こんにちは。 本格的に寒くなってきましたが、風邪などひかれてませんか?

神戸市東灘区御影で 腰痛専門整体の 閑念(かんねん)整骨院 院長の閑念です。

 

さて、今回は①肩関節周囲炎で腕があがらない。

②動く度に腰(仙腸関節)周辺の痛み

でお悩みの患者様でした。

 

患者:80代 女性

主訴:①右腕を使うと肩周囲に痛みでて腕があげれない。

②立ち上がる際や前屈時に、腰が痛む。

 

既往歴:40年前に盲腸手術

腰痛、肩こりで50年以上ハリ治療を定期的に受ける

 

症状 :①2か月程前から少しずつ症状が発生。前方挙上、外転90度の可動域制限あり

②座位や20分以上同じ姿勢でいた後に動き出す時、仙腸関節周囲に(R>L)痛みが発生

 

動画は初回来院時の施術前、施術後の比較です。

2日続けてこられ肩の症状はほぼ改善。腰の痛みに関しては引き続き施術していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

♦神戸市東灘区御影で重症腰痛 自律神経症状でお悩みの方は今すぐ電話でご予約下さい。

閑念(カンネン)整骨院   078-846-0655
「はいかんねん整骨院です」と出ますので

「ブログを見て予約をしたいのですが」とお伝えください

又 施術中は電話に出れないことがございます。留守番電話にお名前とお電話番号をお願いします。

  必ずこちらから折り返しお電話させて頂きます。
・長年の慢性腰痛

・自律神経障害

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

 

次ページへ »